自動車保険の見積もりについて

自動車保険は1998年に完全自由化され、同じ条件でも見積もり額が異なり格差が出るようになり、従来は担当者を通じて加入する代理店型と呼ばれる方法で加入していたのですが、インターネットなどで直接加入できるダイレクト型も増え、ダイレクト型は中間コストが発生しないので安く加入できるというメリットがあります。また、自動車保険の見積もりを行う際、インターネットを利用すると一括で行えるサイトがあり、複数の会社からの算出額が簡単に比較できるほか、インターネット割引など様々な割引制度があるので、利用する価値が十分にあります。

2種類ある自動車保険

自動車保険は、加入が義務付けられている自賠責と、任意で加入できる物の2種類があり、自賠責は被害者の救済を目的としていて、最低限度の補償が受けられるように国で定められていて、未加入や有効期限切れ、証明書不携帯で運行した場合は厳しい罰則を受ける事になります。任意保険は、加入の有無は自由となりますが、全国平均で約87%の加入率となり、自賠責では補えない自分自身や搭乗者の補償、物損、自動車などを補償する内容で、自分に必要となる物を選んで加入できるシステムとなっていて、補償額なども自分で金額が設定できます。

自動車の保険に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP